人気が急上昇中!家を建てたい人が知っておきたい時代が求める平屋の雑学

当サイトは家を建てたい人が知っておきたい、時代が求める平屋の雑学を紹介しています。
人気が急上昇中の、2階や地下のないワンフロアの住宅を建てたい場合にはぜひ参考にしてみてください。
近年増えているお洒落な家の特徴も解説しています。
センスが感じられる家を建てたい人にお勧めです。
また、ワンフロアの住宅を建てる場合の間取りの注意点にも触れているので、どのような間取りにするか迷う場合にもきっと役立つでしょう。

人気が急上昇中!家を建てたい人が知っておきたい時代が求める平屋の雑学

近年選ばれることが多い平屋を建てたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
平屋の雑学をお伝えすると、このタイプはリビングや寝室、玄関などすべてがワンフロアにあるつくりの住宅です。
昔風の日本家屋に多くありますが、最近は再びその魅力が見直されお洒落な家も増えています。
バリアフリーにしやすいのが良いところで、室内から屋外に簡単に出られるという特徴があります。
そのため自然を身近に感じながら暮らしたい人にお勧めです。

平屋とはどんな特徴を持つ住宅なのか

平屋とは、2階建ての建築物をさしており、2階建てや3階建てにはない特徴があります。
まず構造的な安定性が知られており、特に地震や台風などに対して強いので安心して生活できます。
また間取りスペース全体をワンフロアとして利用できるのでバリアフリー化に適していて、屋内での事故を防ぐという点でもメリットをもちます。
天井を高くすることで開放感あるスペースにしたり、リビングとキッチン、トイレやバスルーム、寝室などの生活動線をコンパクトにまとめられるほか、掃除の手間を省けるのも特徴となっています。
経済性という点でも魅力があります。
2階がないので外壁塗装のコストを減らせるので、メンテナンスの負担を軽くできます。
これらをまとめると平屋とは、高齢者や小さなお子さんを持つ家庭に優しい構造をしており、生活動線がシンプルなので無駄もありません。
一方で立地によっては日当たりが悪くなる場合もあるので、敷地や周囲の環境を考慮しておくのが一般的です。

平屋ならではの特徴的な日当たりとは

2階や地下がなく、全てワンフロアに収まる平屋の住宅を建てたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
日本で昔から作られてきた住宅に多い平屋は、住みやすく近年はお洒落なデザインの家も増えています。
そのようなワンフロア住宅は部屋の配置によっては日当たりが良い部屋と、あまり日の当たらない部屋がでてくるというのが特徴的です。
例えば日光が良く当たる南側に窓があれば、その部屋は日当たりがよくなります。
しかし北側の部屋の場合には、日光が当たらず日中でも暗いことも少なくありません。
そのようなことからリビングやその他の部屋は比較的日の入る方向に作り、北側に通路や風呂・トイレなどを配置するなどの便利に使えるようにする工夫が必要です。
また広い敷地がある場合には、中庭を囲むような形のコの字型に建物を作ると日中も明るい部屋を作りやすくなるのでおすすめです。
平屋を建てるときには採光の点でも、よく相談して決めるようにしましょう。

平屋は昔ながらの日本家屋に多いスタイルの家

平屋はその名の通りフラットで、昔から見られる伝統的な日本家屋に多いスタイルだといえるのではないでしょうか。
現在主流の二階建て一戸建て住宅は、比較的最近になって普及したり定着したものです。
実は平屋こそが日本的な家屋だといえますし、歴史や伝統を感じさせるスタイルとなります。
勿論、一戸建ては省スペースに居住空間が得られるメリットがあるので、必然的に土地の広さやコストが掛かる平屋よりもお得に手に入ります。
平屋は階段が不要で段差も撤廃できますから、足腰が不自由な人や高齢者にとって住みやすいといえます。
また災害に強いのもポイントで、地震が発生しても揺れが大きくなりにくく、それでいて避難のしやすさを併せ持ちます。
日本家屋は風通しが良いことで知られ、文字通り風通りが良くて効率的に換気できることに加え、家族の顔が見えてコミュニケーションが取りやすい意味での風通しの良さもあります。
いずれにしても、長屋に近いイメージで庭があって縁側でのんびりと過ごせる、そういう家に憧れる人にとって狙い目のスタイルとなるのではないでしょうか。

平屋が住む人の足腰に優しい理由とは

平屋が住む人の足腰に優しい理由はあえて説明する必要すらないかもしれません。
近年では平屋ではなく二階建ての住宅が一般的であり、最近では三階建てすらごく普通に見かけるようになってきています。
ですが、このような住宅では当然ながらフロア間の行き来が発生し、ほぼ必然的に階段の上り下りが必要になるわけです。
普通に部屋の中とか住宅周辺の道路など平地を歩くことに特に問題のない人であっても、階段の上り下りとなると支障のある人は多くいますので、これがネックとなる可能性があります。
単純な解決策としては階段に手すりを付けるとか傾斜を緩く設計するといった程度でなかなか根本的な解決にはならず、ホームエレベーターという手はありますがこれは相当に費用もかかりますし、建築後に取り付けることはスペースの関係もあって困難なことも普通です。
足腰に不安のある人の生活スペースを1階だけに集約する手もありますが、別の方法として平屋が良いことも言うまでもありません。

平屋に関する情報サイト
平屋の雑学

当サイトは家を建てたい人が知っておきたい、時代が求める平屋の雑学を紹介しています。人気が急上昇中の、2階や地下のないワンフロアの住宅を建てたい場合にはぜひ参考にしてみてください。近年増えているお洒落な家の特徴も解説しています。センスが感じられる家を建てたい人にお勧めです。また、ワンフロアの住宅を建てる場合の間取りの注意点にも触れているので、どのような間取りにするか迷う場合にもきっと役立つでしょう。

Search